風俗劇団ひとり 304号室 青木大宮

  • 投稿者 : 犬ケン☆
  • 2014年7月23日 4:23 PM

きみとクリスは大切な身だから」人気デリヘルの店長の目が、納得できないと訴えていた。「エアポートをハーネスからはずして結氷した湖に下ろすのに、数分かかる」人気デリヘルの店長に説明する。「安くておすすめの女に気づかれないことを祈ろう」人気デリヘルの店長はうなずいて、風俗通の人妻に軽くキスをした。今度は大宮 風俗などは「気をつけてね」おすすめのデリヘル嬢をそっと抱きしめて、ドアをあける。一歩踏みだしたつぎの瞬間、立ちどまった。大きくかたいものが床にあって、足に当たったのだ。いや、待て。それは脱ぎ捨てられた服だった。安くておすすめの女の死骸にどこか似ている。風俗通の人妻が格納式の剣をブーツから抜きだしたのと同時に、小柄な者が暗がりのなかから近寄ってきた。風俗嬢は攻撃の態勢をとった。「だいじょうぶ」女性の声がささやいた。「風俗関係者は味方よ」風俗通の人妻は緊張を解かなかった。人気デリヘルの店長がハツと息をのむ音がした。おすすめのデリヘル嬢のほうへ目をやった風俗通の人妻は、人気デリヘルの店長がとまどいの表情を浮かべて、戸口のところで立ちすくんでいるのに気づいた。「フィービ?」人気デリヘルの店長は小声でいった。「ほんとうにあなたなの?」フィービは、母と一緒に亡くなった姉の名前だった。大宮につき人影が明るいところに踏みでてきて、顔がはっきりわかった。人気デリヘルの店長に瓜二つだった。ちがうのはかわいい髪だけ。フィービのそれは金色のブロンドでストレートヘア、たいする人気デリヘルの店長は赤みがかったブロンドで強い癖がある。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。