最近の投稿
最近のコメント

    maity-crown.com大宮デリヘルベイビーズ

    それから人妻と一緒に狭い求人室に行った。大宮デリヘルベイビーズ とのことで収容者の多くが、外に出ないときはそこで過ごしている。オフィーリアとわたしはテレビの近くにすわった。わたしが長椅子にすわり、その前の床にオフィーリアをすわらせれば、髪を編んでいるあいだ、人妻はテレビを見ていられる。午後一時になると、わたしは一休みして、ふたたび礼拝を行った。それからまた髪を編む作業に戻った。ふと気づくと、スピーカーからひび割れた声がしていた。「カシンガ!受付まで来るように!」今度はなに?そのころは、新聞や雑誌でわたしの記事を読んだ人たちからの贈り物や手紙が届くたびに、受付に呼び出されていた。「すぐ戻るから」わたしはオフィーリアにそう言った。ぐらせ、思い悩み、窓の外をながめていた。頭のなかを、さまざまな思いがよぎっていった。もうやめて!なにもかも止まって!昼食のあと、まもなくのことだったーもっとも、昼食は食べなかったが。そもそも、そのころはほとんど食事をとっていなかった。オフィーリアという若いガーナ人女性が房にやって来て、髪を編んでほしいと言った。「いまはだめ」とわたしは答えた。「すごく疲れているの。ここで編み物だけしていたいのよ」人妻はひどくがっかりした様子だった。わたしは風俗所で、髪を編む名人として知られるようになっていた。髪を編むのは得意だったし、ほかの女の人たちをきれいにしてやれるのがうれしかった。大宮デリヘルベイビーズ通には風俗所内とはいえ、できるだけ美しく見えるようにしてやりたかった。オフィーリアがもう一度せがんだ。「ねえ、お願いよ、ローション。いいでしよ?髪を編んで。